豆蔵の仕事 新たな豆蔵へ 豆蔵の由来

豆蔵の由来

株式会社 豆蔵  取締役相談役  萩原 紀男

株式会社 豆蔵 取締役相談役 荻原 紀男

私たち豆蔵は、IT業界に革命を起こすべく新しい開発手法を推進し、お客様の企業価値向上に貢献してまいりました。その結果エンジニアにとっても魅力ある会社に成長してきたと自負しております。
ますます高度化、複雑化するIT業界において、常に先進的な技術サービスの提供を心掛け、お客様の真の情報化投資を支援します。

各領域のNo1プレイヤーたちが生み出す、世界最高峰の技術シナジーをあなたも一緒に体感しませんか。

会社の成り立ち~社名に込めた想い・「豆の蔵」の由来~

20世紀のおわりに4人のエンジニアと会社を始めたころ、まだ世間に浸透していなかったJavaとオブジェクト指向。私たちはこれらの新しい技術が、数年後の世界になくてはならないものになると信じ、世に送り出す活動に邁進してまいりました。
当時一部の実力者達からは絶対失敗すると言われましたが、私たちが信念を曲げることはありませんでした。雪の下で冬を越す麦の種のように、絶対に勝てると確信し常にチャレンジをし続けてまいりました。
そして現在、Javaもオブジェクト指向もスタンダードになりつつあります。

豆蔵の豆はJavaBeansからとりました。

Java言語でプログラムを書くと、それぞれの機能ごとにプログラムの塊ができ、相互に連携してシステムが動きます。このプログラムの塊がJavaBeansと呼ばれています。

いままでも当社を支え、業界を牽引してきてくれた社員たちのように、 厳しさとベンチャー精神、新たなことに常に挑戦する志を持った、 麦の種の様でもあるたくさんのBeansたちがこれからも当社に新しい仲間が集まってきてほしいと、 今、願いを新たにしています。